あさみ×シュウのリング☆ドリームブログ(仮)

「リング☆ドリーム」についてつらつら書くブログ

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 1日目

【1日目】世代闘争、開幕(7連戦メインイベント後日談)

TWP世界無差別級選手権。王者の麗は咲川を退けて王座を防衛した。

その時、リングに乗り込んできた選手が7人。正規軍のソニック・姫小路・滝沢に凶獣の菊池・山口・南城蛍・豪徳寺という、普段なら横に並ぶことのない面々が並ぶ。

セミファイナルのソニックvsあかり戦を引き合いに出し、ナウリーダーが若手を全て駆逐し、麗に挑むと豪語する菊池。

それに対し、ニューリーダーも黙っていない。同じように何人かの選手がリングに上がり、好戦的なシュバルツと、ソニックから一度白星を奪っているディアナが主なターゲットとなりつつ、

KOMに挑む山口と王者の加藤、滝沢組内部抗争の滝沢と崖ノ下、滝沢のタッグパートナーの豪徳寺と崖ノ下のタッグパートナーに立候補したなるみの視殺戦が繰り広げられる。

今、正式にこの場で、派閥の枠を取っ払った東女の世代闘争が開幕したのである。

 

前段が長いですが、これがすべてですから仕方がない。

とりあえずTwitterでも書いたんですが、春分巡業の滝沢組関連とKOM関連でのやり取りが7連戦後日の話なのに、7連戦直後に上のやり取りのさらに進んだ話を持ってくるのはやめてください。

書き間違いや派閥名の変更忘れはまだ容認できるけど、これはさすがにどうかと思ったので。時系列ぐらいはちゃんとして欲しかった。

 

で、上のやり取りはシナリオ前半の話で、後半はタイトルマッチ後の咲川をピックアップ。

大一番の翌日に普通に試合は、現実の新日とかもやってはいますが、やはりキツいものがある模様。とはいえ、試合には負けたものの、東女の頂点が見えただけでもまずは良しとした咲川。

一時はスランプに陥ったものの、結果としては直下では姫小路の次にベルトに挑戦したわけですし、彼女自身も言っていますが、まだまだ成長の余地がありますしね。

 

普通、勢いに乗った時って、その反動で落ち込みも激しいんですが、彼女の場合は先にその落ち込みがあったので、勢いは止まってもいい感じに先に進んでいけそうですね。

そして、フラフラからは次は千鶴がヤンドラの称号を賭けた戦いに望む。咲川がベルトの先陣を切ったことで、世代闘争に巻き込まれずそのバックアップに総動員できるのは、強みかなと。