読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさみ×シュウのリング☆ドリームブログ(仮)

「リング☆ドリーム」についてつらつら書くブログ

春分巡業〜暮春のブルーシンフォニー〜 6日目

【6日目】敗者と挑戦者、勝者と傍観者(7連戦第5試合後日談)

凶獣と元遊撃隊。セヴンスター後のそれぞれの風景。

凶獣側は試合に負けた乗杉と、相変わらずのユーリ。行動こそ共にすれど、未だ心は固く閉ざしたまま。

一方の赤井と原田はささやかながらの祝勝会。こちらは赤井のベルトへの思いが詰まった、微笑ましい光景。

 

2700円の神棚・・・。まぁ、鰯の頭も信心からとも言いますし、まずは信じることが大切です。

それはともかく、以前の記事で「赤井が少し遊撃隊に未練があるように見える」みたいなことを書いたんですが、なんかそんなこともなさそうですね。

原田と違って、陽の目が当たることに対して良い表現が出てこなかったんで、心配していたんですが、杞憂どころか何か可愛い一面も見えてきて、いい意味でホッとしてます。

 

セヴンスター、次戦は赤井vsユーリで決まってるわけですが、奇しくも過去に決別しようとしている者と、過去を引きずり続ける者という構図。

どちらの思いが強さに転換できるのかが、大きな鍵になりそうですねぇ。

少し短いですが、今回はこの辺で(凶獣側のユーリが相変わらずすぎて、特に触れるところもないので)