あさみ×シュウのリング☆ドリームブログ(仮)

「リング☆ドリーム」についてつらつら書くブログ

春分巡業〜暮春のブルーシンフォニー〜 4日目

【4日目】滝沢泉に挑む者たち(7連戦第4試合後日談)

ある日の滝沢組の練習。石狩と一箭は滝沢への挑戦を賭けた一戦後、親交を深めるように毎日スパーを行う日々。そんな2人を滝沢は「東女イズムの体現」という。

一方、タッグマッチで滝沢と戦うことが決まっている崖ノ下だが、パートナーの選択に悩んでいるとみのりが口にする。いや、正確にはどこからパートナーを選ぶかに悩んでいるといったところ。

要は滝沢組内の話だけで進めるかといった点で悩む崖ノ下に対し、滝沢はかねてより話が上がっている世代闘争の話に絡め、自身のパートナーも滝沢組外から選ぶと断言した。

 

まぁ、この流れがそれが妥当かな?というところに落ち着いた感じですが、さて、それぞれのパートナーは誰なんだ?という点が実に興味深いところ。

この記事を書いている現在(2017.3.24)は後発シナリオでそれが判明してしまったため、あまり深くは語りませんが。

 

あと、みのりも言ってましたが、滝沢もなんだかんだで戦闘民族ですねぇ。石狩とのシングルは確かに見たいものですが、ここはみのりの言うことが正論。

これについては先々の楽しみとしておきましょうかね。そんなに遠い先の話ではなさそうだなと思ってるので。

・・・年内にも早ければあるのかな?