読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさみ×シュウのリング☆ドリームブログ(仮)

「リング☆ドリーム」についてつらつら書くブログ

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 最終日後半

レディゾンビーの魂を賭けて(KOM防衛戦について)

 

大興行翌日の紅炎団の控え室。試合後のプロミネンス加藤の元に客が訪れる。やってきたのは凶獣のアントラー山口。

麗の戴冠後、密かに無差別のベルトを狙おうとしていたが、麗とソニックの世代間闘争に賛同する形でその道が途絶えた山口。

彼女が次にターゲットに定めたのは、偉大なる先代党首・ブラッディ井上が巻いていたKOMのベルトであった。

一方、加藤もこの世代間闘争において、ベテランの首を欲していたところ。両者の思いが合致し、KOMのベルトを賭けた戦いが約束された。

 

ええと。まずはこちらを見ていただきたいのですが。

雪解興行〜2日目 - あさみ×シュウのリング☆ドリームブログ(仮)

で、この展開ですよ。咲川の挑戦によって、この時書いた内容がほぼそのまんま来ちゃったんで、シナリオ読んだ時にトリハダが立ちましたよ。

 

割とTwitterでは山口のKOMは意外という声が多かったと思いましたが、個人的には「山口さんは肉体派でしょー。」という感じなので、楽しみではあります。

凶獣としては井上が巻いたベルトの流出は短期で抑えたいでしょうし、加藤としても「井上の魂を引き継ぐ」と豪語した以上は誰が相手でも引けないところ。

1つ、意地と意地のぶつかり合いがここで見れると思うと楽しみになりましたね。