読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさみ×シュウのリング☆ドリームブログ(仮)

「リング☆ドリーム」についてつらつら書くブログ

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 第6試合

7連戦

【第6試合】

ソニックファミリー)ソニックキャット vs あかり(サンデーモーニング

 

【世代闘争開幕!ヒロイン対決を制するのは音速の猫か、さいたまの魔法少女か!】

まさに新旧ヒロイン対決といっても過言ではないのではなかろうか。セミファイナルはノンタイトルながら、この先の東女を大きく動かしかねない一戦が組まれた。

久々の大一番となるソニックの相手は、物理系魔法少女あかり。東女が誇るスーパーヒロインと、さいたまの力を借りる新世代ヒロインの対決は、今後の東女を占う一戦になるだろう。

 

この試合に勝利すると、TWP世界無差別への挑戦が決まるとコメントしたあかり。彼女の言うことが事実であるならば、今回挑戦する咲川戦も含め、今後も彼女らのような麗と近い世代や下の世代の挑戦も増えることだろう。

あかりにとっては「頂点を取るために、まずは上の世代の首をとった上で真正面から挑戦する」ということだろう。

この試合を皮切りに、今後はそういった展開が続くのであれば、この試合は世代闘争の開幕戦ということになるわけである。

その試合を新世代側のあかりが落とすわけにはいかない。彼女が負けることでこの世代闘争の流れが消えるとは限らないが、勝つことでその流れをさらに加速することは間違いなく出来るだろう。

 

とはいえ、迎え撃つ音速ヒロインだって易々とその道を作ってやることはしない。むしろ、下からの挑戦をすべて叩き潰して、現世代の選手でベルトを奪い返す思いで来るだろう。

かつて「(ベルトなど)中で重荷を背負う人間がいれば、任せてもいい」と語ったソニック。とはいえ、彼女の最前線復帰を求める声も、未だ少なくないのも事実。

いつまでも高い壁であり続け、そしていつでも頂点を狙えるように、まずはここで若い芽を一つ摘んでその立場を盤石にする。

もしかしたら、音速ヒロインの新たなる戦いの始まりになるかもしれない以上、ここは負けられないところである。

 

それぞれの思惑と共に、間違いなく東女そのものをかき回す試合になると思われるこの試合。ベテランが壁となり弾き返すのか。それとも、若い力がその壁を打ち砕くのか。

結論が出る時は、刻一刻と迫ってきている。

 

【音速ヒロイン、復活か?!ソニックキャット、ヒロイン対決を制し、存在感を示す!】

試合はソニックキャットが蹂躙。あかりに決定的な攻撃をさせないまま、自分の作りだしたペースをしっかりと維持して試合を進めていく。

あかりは終始、反撃の糸口すら掴めないまま、いたずらにスタミナを消費し続けていく。結局、何も出来ないまま、ソニックキャットに敗れてしまった。

 

これが、東女の壁というものなのだろうか。

昨年、FWWWのリングに立ち、トパーズを圧倒し、雪女とも好勝負を演じたあかりが、こうも一方的にやられてしまうものなのか。

新世代側のトップバッターとして参戦したあかりだったが、この惨敗では一度立て直しを図らざるを得ないだろう。

 

一方のソニックはまずは若い芽を一つ潰すことに成功。今回の完勝劇で、ファンは最前線への復活を大いに期待することだろう。

この先、彼女がどう動いていくのか。当面は若手の相手となるだろうが、その先を期待したいとも思わせてくれる復活劇であった。