あさみ×シュウのリング☆ドリームブログ(仮)

「リング☆ドリーム」についてつらつら書くブログ

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 第2試合

【第2試合】ヤングドラゴン杯2016 準決勝

サンデーモーニング)メアリ・ノートン vs カース伏久(凶獣)

 

【いよいよ大詰めのヤングドラゴン!準決勝の1戦目は正義のヒロインvs悪役の若手エース!】

2016年のヤングドラゴン杯もいよいよ残り3試合。

準決勝の1試合目は前回覇者を破って勝ち上がったメアリと、昨年の1回戦敗退から凶獣若手のエースとして成長を見せた伏久の対決。

伏久は互いに「陰と陽」と表現するが、性格はともかく、積み上げてきたキャリアは伏久も負けてはいない。

凶獣若手ナンバーワン決定戦で優勝して、ヒール軍若手筆頭になると、昨年のヤングドラゴン杯でも決勝トーナメント進出。

昨年はFWWWの刺客である笠松に敗れたものの、その恨みを晴らすかのように今年はヘカトン・舞々とFWWW勢の門番として立ちはだかった。

2年連続で凶獣内では最高の結果を出しており、今やその実力は誰もが認めるところ。純粋な実力ならば、間違いなくメアリにも負けていないだろう。

 

しかし対戦相手のメアリは、地力もさることながら、勢いが非常にある。

ヤンドラ前には前回の予選で敗れた磯部かんきちをシングルで破り、リベンジを果たすと、

予選ではRLoWの刺客アリス・リドルに快勝。そして1回戦では前回覇者で同期の小早川ぽひ(FWWW)を撃破して駒を進めてきた。

更には、決勝に対しては琴無千鶴との同期決戦という夢を残しており、今や「ここで負けるわけにはいかない」のが今のメアリなのである。

 

本来ならば、相性的にはメアリは伏久は苦手とするところだが、同タイプのぽひを破っている事実からも、勝敗はどちらに転ぶかわからない。

まず、先に決勝の舞台は駒を進めるのは、正義のヒーローか?それとも悪役の華か?

 

【正義の味方は最後に笑う!メアリ、またも大逆転勝利!親友を信じ、決勝の舞台へ!】

まさに試合はシーソーゲーム。メアリが場を支配していたかと思うと、気が付くと伏久が主導権を握っている、メアリが更に巻き返したかと思うと、伏久も負けじと自分の沼へと引きずりこむ。

そんな展開だが、試合は伏久が優勢で最終盤に入る。何度も決まったかと思わせる場面があったが、肩を上げ続けるメアリ。

そして、最後の最後。相手を捉えたのはメアリだった。本当に土壇場での大逆転を演じ、伏久から3カウントを奪い取った。

 

1回戦同様、最後の最後に笑うのが正義の味方の必須条件と言わんがばかりの勝利を収め、彼女はヤンドラの決勝へ駒を進めた。親友の勝利を信じ、あとは結果を待つのみ。

 

一方、最後の最後に勝ちが離れていってしまった伏久だが、その戦いぶりは誰もが称賛を与えることだろう。自らを日陰者と揶揄する彼女は、勝者に負けない輝きを放ったまま、ヤンドラの舞台を降りた。

そこに日陰者としてのカース伏久はいない。この先にいるのは凶獣若手筆頭、凶獣の未来を背負うプロレスラー・カース伏久だけである。

・・・そう思ったのは、自分だけでは決してないはずである。