あさみ×シュウのリング☆ドリームブログ(仮)

「リング☆ドリーム」についてつらつら書くブログ

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 14日目

【14日目】新学期スタート! 4月も2週目に差しかかろうとしており、それに伴い高校生ズは新学期の学校へと向かっていく。 そんな朝、神崎も出かけるという。どこに行くのかと訊ねると、「入学式」だと答える神崎。 そう。高卒認定試験をパスしていた神崎は、…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 13日目

【13日目】互いに持つべきものを賭けて シュバルツが人を呼び出す。彼女といえば、世代抗争においてその挑戦的な発言から対戦希望(別名ラブレター)を多く受け取っていた。 その彼女が選んだ相手は・・・スパイダー菊池だった。 前王者である菊池という大物…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 12日目

【12日目】女帝の存在する未来、女帝の存在しない未来 東女寮内。ヤンドラ決勝を控え、フラフラの完全バックアップで千鶴の特訓をすることに。咲川は神崎を誘うも、先約があり難しいとのこと。 その件に関しては残念がる咲川だが、そんな咲川を「いい面構え…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 11日目

【11日目】レディゾンビーの魂 ブラッディ井上こと井上百合子を訪ねてきたものが1人。彼女の介錯人であり、現KOM王者のプロミネンス加藤である。 場所は井上が開こうとしている店の中。とはいえ、まだ具体的には決まっていないらしい。ただ、タニマチとの縁…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 10日目

【10日目】多摩女への新たな刺客(4.1スペシャルワンマッチについて) 2戦続けて多摩女勢に不覚を取ってしまった林檎とさと。 ここで第3の刺客として、はねるが送られることになった。 ・・・ものの、凶獣に属している2人のリベンジが別勢力(サンモニ)の自…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 9日目

【9日目】頂点へと至る道 ソニックがあかりを、滝沢が豪徳寺とのタッグで崖ノ下・なるみを下した。2人の同期である山口がその祝勝会を開く。 まずはナウリーダーの連勝となったが、このメンバーはまだまだ休まることがなく、次回の大興行で山口が加藤にKOMに…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 8日目

【8日目】続・プラレスラー帰還 昨日に引き続き、桜姫の話題。キャリアが上の桜姫と、年齢が上の知世子という関係もあり、知世子をどう呼べばいいかで悩む2人(よくある話ですね)。 とりあえずは知世子さんで落ち着いたところで、会場では桜姫は天空桜花と…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 7日目

【7日目】プラレスラー帰還 東社長がえり子を呼び止める。 翌日からゲストが参戦するということで、寮の部屋を用意してほしいということ。急な理由は社長が伝え忘れていたという相変わらずな理由だったわけだが。 とはいえ、世代闘争中の身である上、あんま…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 6日目

【6日目】シュバルツのラブレター 何やらご機嫌なシュバルツ。その場に梨花が現れ、理由を尋ねる。 シュバルツの口から発せられたのは、予想もしていない単語であった。 「 ラ ブ レ タ ー 」 霧島梨花に衝撃という名の稲妻が走る!! ・・・と、一通りやっ…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 5日目

【5日目】約束のリングで(ヤンドラ決勝前エピソード) 桜並木の下、メアリと千鶴は並んで歩く。 間も無く迎えるはヤングドラゴンの決勝戦。 準決勝の時のような特訓を持ちかけた千鶴。 楽しそうだとはしつつも、断りを入れるメアリ。 そして2人は道を別ける…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 4日目

【4日目】サンモニの世代闘争 ソニックに完敗したあかり。ようやくそのダメージが癒えてきたところで、吉井が改めてあかりに対し敗因を尋ねる。 見た目の試合自体はソニックの華麗な技が光ったが、本質的な敗因は技を出す際に相手を無防備にする隠し技による…

スペシャルワンマッチ〜滝沢泉&豪徳寺伊吹 vs 崖ノ下椿&友野なるみ(2017.3.25)

【正式に火蓋が切られた世代闘争!開幕戦は異色タッグによる派閥内闘争!】 3.16大興行で火蓋が切られた東女内世代闘争。 すでにその日にソニックvsあかりが実現しているが、闘争が表面化してからで見ると実質的にはこれが開幕戦となる。 ナウリーダー側から…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 3日目

【3日目】今は闘志を内に秘め(3.18スペシャルワンマッチ後日談) 多摩女vs東女の新人対決は多摩女の連勝となった。 今回は相手にキャリアが上の存在がいたとはいえ、これで連敗となってしまい悔しさを隠せない熊井。 それとは対照的に林檎はいたって落ち着…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 2日目

【2日目】今を知り、先を見据えて(7連戦第3試合後日談) ディスティニー邸。今大会で下馬評を覆す大活躍を見せた水星ケアだが、準決勝は琴無千鶴相手に完敗。 昨年も千鶴に敗れており、ひどく落ち込んだケアを心配したななかだが、思いの外ケアは落ち込んで…

桜花十四番勝負〜卒業のチェリーブロッサム〜 1日目

【1日目】世代闘争、開幕(7連戦メインイベント後日談) TWP世界無差別級選手権。王者の麗は咲川を退けて王座を防衛した。 その時、リングに乗り込んできた選手が7人。正規軍のソニック・姫小路・滝沢に凶獣の菊池・山口・南城蛍・豪徳寺という、普段なら横…

春分巡業〜暮春のブルーシンフォニー〜 7日目

【7日目】ナウリーダーの高く厚い壁(7連戦第6試合後日談) 姫小路と榎下の控え室を訪れたソニック。普段はあまり絡まないことから、緊張を隠せない榎下・・・を陰から微笑ましく見守る姫小路さん。 閑話休題。話は前のあかり戦について。ソニックの完勝で終…

春分巡業〜暮春のブルーシンフォニー〜 6日目

【6日目】敗者と挑戦者、勝者と傍観者(7連戦第5試合後日談) 凶獣と元遊撃隊。セヴンスター後のそれぞれの風景。 凶獣側は試合に負けた乗杉と、相変わらずのユーリ。行動こそ共にすれど、未だ心は固く閉ざしたまま。 一方の赤井と原田はささやかながらの祝…

春分巡業〜暮春のブルーシンフォニー〜 5日目

【5日目】光と陰(7連戦第2試合後日談) ヤングドラゴン杯準決勝。メアリと伏久の戦いは1回戦のメアリvsぽひ戦を上回る大激戦となった。普段は出さない全力を10年分先出ししてまで勝負に臨んだものの、最後の最後に食らったライオンカッターに伏久は沈んだ。…

春分巡業〜暮春のブルーシンフォニー〜 4日目

【4日目】滝沢泉に挑む者たち(7連戦第4試合後日談) ある日の滝沢組の練習。石狩と一箭は滝沢への挑戦を賭けた一戦後、親交を深めるように毎日スパーを行う日々。そんな2人を滝沢は「東女イズムの体現」という。 一方、タッグマッチで滝沢と戦うことが決ま…

スペシャルワンマッチ〜望宮疾華&白木孝奈 vs 紅葉林檎&熊井さと(2017.3.18)

【中1日のリベンジマッチ!場所を移し、新人同士が火花を散らす!】 3.16オープニングマッチでそれは起きた。小団体である多摩川女子プロレスの白木孝奈が、東京女子のリングで東京女子の選手を破る波乱を起こしたのである。 新人同士の戦いながら、負けた紅…

春分巡業〜暮春のブルーシンフォニー〜 3日目

【3日目】挑戦者と挑戦者(7連戦第1試合後日談と3.18スペシャルワンマッチ) 3.18。場所は多摩川女子プロレス。これまでに何人かの選手が出入りした団体だが、(おそらく)はじめて凶獣勢がここに乗り込んできた。 乗り込んだのは紅葉林檎と熊井さとの2人。…

春分巡業〜暮春のブルーシンフォニー〜 2日目

【2日目】去る者と残る者(3.4スペシャルワンマッチ後日談) 3.4スペシャルワンマッチに勝利したマミーとYui。事前に月星に語ったとおり、その場でナイトメアの離脱を宣言。 そして、雪女と山崎が見届けられ、2人はナイトメアの控え室を去っていった。 そん…

春分巡業〜暮春のブルーシンフォニー〜 1日目

【1日目】日高一派のこれから(青い四天王と海外日高一派の動向) ヤングドラゴンもいよいよ大詰め。決勝はメアリと千鶴の対決に決まった中、浮かない表情の日高一派日本滞在組の面々。 各々が予選敗退となった上、彼女らを破った選手もトーナメント1回戦敗…

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 最終日後半

レディゾンビーの魂を賭けて(KOM防衛戦について) 大興行翌日の紅炎団の控え室。試合後のプロミネンス加藤の元に客が訪れる。やってきたのは凶獣のアントラー山口。 麗の戴冠後、密かに無差別のベルトを狙おうとしていたが、麗とソニックの世代間闘争に賛同…

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 第7試合

【第7試合】TWP世界無差別級選手権試合 (王者・ディスティニー)麗雫 vs ラズベリー咲川(女帝直下/フラワリングフラッフィ・挑戦者) 【若き王者に、若き挑戦者が立ち向かう!東女の至宝を巡る争い、新章が開幕!】 メインイベントはTWP世界無差別級選手権…

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 第6試合

【第6試合】 (ソニックファミリー)ソニックキャット vs あかり(サンデーモーニング) 【世代闘争開幕!ヒロイン対決を制するのは音速の猫か、さいたまの魔法少女か!】 まさに新旧ヒロイン対決といっても過言ではないのではなかろうか。セミファイナルは…

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 第5試合

【第5試合】セヴンスター王座決定戦 (凶獣)カーボン乗杉 vs メトロン赤井(無所属) 【ベルト返上による王座決定戦。躍進のきっかけを掴むのは凶獣の大型戦士か、沈黙の狂戦士か。】 一箭遥のキャリアオーバーによるベルト返上に伴い、次期挑戦者候補のう…

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 第4試合

【第4試合】 (滝沢組)石狩みな vs 一箭遥(滝沢組) 【ファン待望の滝沢組決戦!ナンバー2とシングル無敗の新鋭が、組長との対決を賭け激突!】 滝沢組同士でありながら、東女ファン待望のカードがついに実現。滝沢のタッグパートナーであり滝沢組ナンバー…

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 第3試合

【第3試合】ヤングドラゴン杯2016 準決勝(ディスティニー)水星ケア vs 琴無千鶴(フラワリングフラッフィ) 【もう1つのヤングドラゴン準決勝は昨年のリベンジマッチ!常勝の大和撫子に、今大会一番の新星が挑む!】 2016年のヤングドラゴン杯のもう1つの…

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 第2試合

【第2試合】ヤングドラゴン杯2016 準決勝 (サンデーモーニング)メアリ・ノートン vs カース伏久(凶獣) 【いよいよ大詰めのヤングドラゴン!準決勝の1戦目は正義のヒロインvs悪役の若手エース!】 2016年のヤングドラゴン杯もいよいよ残り3試合。 準決勝…

7連戦「SEVEN DAYS EMBLEM」 第1試合

巡業の感想が遅れておりますが、7連戦は試合前に書かねばと思ったので。 【第1試合】 (凶獣)紅葉林檎 vs 白木孝奈(多摩川女子) 【新人同士の団体交流戦!小規模団体の新星が、業界ナンバー1のリングに立つ!】 オープニングマッチは元東女のスペシャル小…

弥生巡業〜お内裏さまとお雛様〜 7日目

【7日目】立ち向かう新人、迎え撃つ新人(次回7連戦、白木vs林檎戦) 3.16。東京女子の大会会場。そこに多摩川女子の白木孝奈はいた。客としてではない。先輩のセコンドでもない。彼女は多摩川女子の選手として、今日、この東京女子のリングに立つ。 ・・・…

弥生巡業〜お内裏さまとお雛様〜 6日目

【6日目】すべては勝利のため、栄光を手にするため(次回7連戦、メアリvs伏久戦および千鶴vsケア戦) 試合前に凶獣の楽屋を訪れたケア。ヤンドラの準決勝を迎えるにあたり、今のままでは自分たちにドラマ性が足りないので、それをどうにかしようと伏久に持ち…

弥生巡業〜お内裏さまとお雛様〜 5日目

【5日目】それぞれの未来へ(次回7連戦、乗杉vs赤井戦) 凶獣控え室の乗杉とユーリ。ふと、乗杉はユーリが野々村のことを気にしているのかと尋ねる。一方、元遊撃隊の赤井とみちるは、互いにこれからについて話し合う。 まず、乗杉とユーリの話ですが、改め…

弥生巡業〜お内裏さまとお雛様〜 4日目

【4日目】虎視眈々のニューリーダーたち(次回7連戦、ソニックvsあかり戦および一箭vs石狩戦) 麗の暴走によって、急遽次回のTWP世界無差別のカードが決定したものの、その影響であかりはナウリーダーのソニックと対戦させられるハメに。一方、滝沢組ではま…

スペシャルワンマッチ〜孫月星&スジャータ vs キョンシーYui&マミ・マミー(2017.3.4)

【ひな祭りキャンペーンマッチ・・・のはずが、一転してFWWWの今後を左右する大一番に】 本来ならば、キャンペーンレスラーである月星を中心に据えた健駄羅とナイトメアのお祭り模様のスペシャルマッチ・・・のはずが、マミーとYuiの離脱発言を受け、本来の…

弥生巡業〜お内裏さまとお雛様〜 3日目

【3日目】歩みを進めるために・・・(3.4スペシャルワンマッチ) 絶賛開催中のFWWWひな祭りキャンペーン。この日はキャンペーンレスラーの月星がスジャータとのタッグでマミー・Yui組と対戦。ところがナイトメアの2人にはただのお祭りというわけではないよう…

弥生巡業〜お内裏さまとお雛様〜 2日目

【2日目】頂点へ駆け抜ける(2.25スペシャルワンマッチ結果およびTWP世界無差別級選手権について) 地方興行メインで行われた霧島梨花vsラズベリー咲川戦後。両者ともに健闘をたたえ合い、そして、今の咲川なら麗にも勝てると。咲川もこのまま頂点を取ると宣…

弥生巡業〜お内裏さまとお雛様〜 1日目

【1日目】ひな祭りキャンペーン(FWWWのひな祭りキャンペーンについて) FWWWのひな祭りキャンペーンがスタート。檸檬から開場前にリングの中央に座っているように指示を受けた月星。開場直後に始まったのは月星の撮影会だった。 ・・・と、今後の動きではな…

雪解興行〜7日目

【7日目】副寮長就任 3年目を迎えたことで、えり子から寮にいる義務は無くなったので、これからどうするか問われていた知世子。寮長は無理だが、料理担当とえり子の補佐として、副寮長として残りたいと伝える。後半では正規軍側の2014年デビュー組メンバーが…

雪解興行〜6日目

【6日目】懲りない樽谷社長 FWWWの契約更改。前半は蓮根の契約更改を檸檬が行う。これまでは社長がやっていたが、事前に決めた契約更改方針をあっさり翻して、(また)経営を圧迫させたため、今年は檸檬が行うことに。後半はそんな豚狸社長が(また檸檬に無…

雪解興行〜5日目

【5日目】健駄羅、集結・・・?! 翌週に「アイドルレスラー・ゆゆゆ」となり、ひな祭りキャンペーンレスラーとして1週間過ごすことになった月星。そんな健駄羅の元に久々にジュエリーズが集結する。 オニキスのリデザはニコ生で発表されてたようなので(自…

雪解興行〜4日目

【4日目】滝沢組の挑戦者たち ナウリーダーvsニューリーダーの話は滝沢泉の耳にも入る。早速彼女は弟子の石狩みな、崖ノ下椿、伊勢屋空歌、一箭遥を呼び出し、挑戦を楽しみにしていることを告げる。残された弟子たちの選択は・・・ まず、宣戦布告した時の滝…

スペシャルワンマッチ〜霧島梨花 vs ラズベリー咲川(2017.2.25)

【スペシャルマッチワンマッチ】 (女帝直下)霧島梨花 vs ラズベリー咲川(女帝直下/フラワリングフラッフィ) 【リベンジマッチ?ノー!王者から叩きつけられた挑戦状!】 KASUMI vs 朧双花の一戦は、クレイジーな連携ラッシュによりKASUMIが王座を防衛し…

雪解興行〜3日目

【3日目】Now versus New姫小路由樹から麗雫とソニックキャットの起こそうとしている世代闘争について、シュバルツ・ネーベルとミス・十両に語る。その中で女帝直下でもナウリーダーとニューリーダーに分かれると聞き、シュバルツと姫小路は面白がるが・・・…

雪解興行〜2日目

【2日目】肉体王、動く 年末の大一番。ブラッディ井上を介錯し、2代目KOMの座についたプロミネンス加藤。しかし、その重さから次期挑戦者を見つけられずにいた。しかし、岩田に話を聞いてもらってるうちに1つの結論を導き出す。 個人的な見解として、次の無…

雪解興行〜1日目

1週間分まとめると、1つの記事が長くなるので、1日ずつ分けてみるテスト 【1日目】敢えて、イバラの道を進む 連日のようにディスティニー邸で、次に向かっての作戦を練る麗とソニック。そんな中、森近は今のように顔を合わせることが多いなら、自分の相談に…

【7日目まで(更新終了)】如月早春祭(2017.2.16-23)

シナリオ回顧です。随時更新します。 (前イベントの回顧も書いているんですが、諸々あって遅れてます。後日アップいたします。) 【1日目】かまぼこ板入り挑戦状Part.2(7連戦メインイベント後日談と2.25スペシャルワンマッチ) タッグベルトの試合を回顧す…

はじめに

このブログは投稿者である私、あさみ×シュウが、 「リンドリのブログ、少ないなぁ。じゃあ作るか。」 のノリで作りだしたブログです。 文章作成能力は比較的乏しいため、文体や言葉の使い方がおかしい部分が多々あるとは思いますが、ご了承の上で見ていただ…